頬杖つくとほっぺたがたるむ?

例えば…あなたは今、パソコンを見つめながら頬杖をついているとします。このクセは手の平の圧力を最大限にほっぺたへ当てて、皮膚に負荷をかけることに繋がるのでお勧めできません。

健やかな体に起こる浮腫だが、これは浮腫んで当然。特に女性は、脹脛のむくみを防ごうとするようだが、ヒトならば、下半身がむくんでしまうのは自然な状態なのだ。

今を生きる私達は、日を重ねるごとに体に溜まっていくという恐怖の毒を色んなデトックス法の力で出し、なんとかして健康体を手中に収めようと皆必死になっている。

頬など顔のたるみは老けて見られてしまう要因になります。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の衰退がたるみをもたらしますが、実際はいつものささいな仕草も原因となります。

体に歪みが起こると、臓器同士が押し合うため、他の内臓も引っ張られてしまい、位置異常、臓器の変形、血液に細胞の組織液、ホルモン分泌にもあまり思わしくない影響をもたらします。

「デトックス」法にはリスクや問題は無いのだろうか。だいたい、体の中に溜まってしまう毒物とは一体どんな物質で、その「毒物」は「デトックス」の力で体外へ排出されるのだろうか?

日本人が「デトックス」に魅力を感じてしまう理由の一つに挙げられるのは、日本人が暮らす環境が汚染されていることにある。大気や土壌は化学物質で汚され、食材には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬が多く含まれていると実しやかに囁かれている。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)はヒトの細胞間に多数存在し、水分の保持や衝撃を和らげる緩衝材の機能で大切な細胞を護っていますが、加齢にともなって体内のヒアルロン酸は日々少なくなっていきます。

この国では、皮膚が白くて淀んだくすみやシミの出ていない状態を目標とする風習が現代より前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。

湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の要因には、1.口腔内や肺、腸内や表皮等における細菌叢、2.遺伝、3.栄養面でのトラブル、4.環境面での要素、5.それ以外の説などを列挙することができる。

中でも夜10時~2時までの4時間は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、お肌の生まれ変わりが更に活性化する時間帯です。この時に良く眠ることが最も有効なスキンケアの手法だということは疑いようのない事実です。

皮ふの奥で生まれた肌細胞はちょっとずつお肌の表層へと移動し、しばらくすると皮膚の表面の角質層となって、約28日後に自然に剥がれ落ちていきます。このサイクルこそがターンオーバーなのです。

きれいに見せたいとの一心でフェイシャルマッサージしてしまう人もいるようですが、特に目の下の皮膚は薄くて敏感なので、ゴシゴシとこするように指を動かすだけのフェイシャルマッサージであれば悪影響をもたらします。

美白(びはく)は95年から99年頃にかけて美容研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を説いてブームになったが、もっと前からメラニンの沈着が原因の様々な肌トラブル対策の言葉として活用されていたようだ。

たとえば…あなたは今この瞬間、PCを眺めながら頬杖をついているのではありませんか?実はこれは手のひらからの圧力をフルにほっぺたに与えて、皮膚に対して不要な負担をかけることにつながっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です