肝臓を労わろうぜ

体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られず、体重だけが食物の摂取や排尿などによって短時間で増減する場合は、体重が増えた人は体脂肪率は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上昇します。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今までの膨大な研究結果から、予防効果を見込めるのは、ワクチン接種日の2週後位から約5カ月間位ということが分かりました。

肝臓を健康に維持するには、肝臓の有害物質を分解する力が低くならないようにすること、要するに肝臓を老けさせない対処法を開始することが効果的だと考えられます。

BMI(体重指数を計算する式はどの国でも等しく同じですが、BMI値の評価基準は国単位でそれぞれ異なっていて、(社)日本肥満学会ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満の場合だと低体重と周知しています。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けることができます。

肥満(obesity)の状態はあくまで食生活の質や運動不足などが素因ですが、内容量の変わらない食事であったとしても、急いで食べ終わる早食いを日常化することによって体重過多に陥っている肥満の状態を招く結果になります。

複雑骨折したことにより酷く出血した場合、急に血圧が降下して目眩やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、気絶などのいろんな脳貧血の症状が出てくることがよくあります。

H17年2月以後新たにトクホ(特保)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の日本語の記述が義務となっている。

ストレスが蓄積してしまう論理や、便利で有用なストレスのケア方法など、ストレスというものの全体的な知識を学んでいる方は、今のところ少ないようです。

塩分や脂肪分の摂り過ぎをやめた上で軽い運動を心がけ、ストレスの多すぎない暮らしを心がけることが狭心症の元凶となる動脈硬化を事前に防止するポイントなのです。

環状紅斑とは環状、所謂輪っかのような円い形をした赤っぽい湿疹など皮ふのトラブルの総合的な病名であって、理由はまさしく様々なのです。

耳の奥の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に分類することができますが、中耳のところに様々な細菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症が起きたり、体液が溜まる病が中耳炎なのです。

内臓脂肪が多いことによる肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目該当する様子のことを、メタボリック症候群と称しています。

ポリフェノール最大の特長は水溶性であるビタミンCやトコフェロールなどとは性質が異なっており、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を防ぐ作用をいかんなく発揮するのです。

下腹部の疝痛の元凶となる代表的な疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気などがよく挙がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です