最近オゾン層って聞かないなぁ

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるため大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、皮ふに良くない影響をもたらすのです。

スマートフォン使用時のチラつきを抑える効果のある専用眼鏡がことさら人気を博しているのは、疲れ目の予防策にたくさんの人々が四苦八苦しているからだと言えるでしょう。

普通は水虫は足、中でも足の裏に現れる皮膚病だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足しかないのではなく、体のありとあらゆる部位に感染してしまうという可能性があるのです。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、現在までの膨大な研究によって、ワクチンの効果が見通せるのは、注射の約14日後から約150日位だろうと言われています。

杉花粉が飛散する1月から4月の時期に、乳幼児が体温は平常なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っ洟が止まない症状に当てはまったら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があります。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散る量に追従して深刻になってしまう特徴があるということです。

狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大半の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術(CABG)」の二者の施術が頻繁におこなわれています。

消化器科の領域である急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は猛烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢に加えて38℃以上の高熱も出るのが相違点です。

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる因子としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏などが大きいと言われています。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、3~4日きちんと処方薬を飲めば、押しなべて90%近くの患者さんの自覚症状は改善しますが、とはいえ食道の粘膜の傷みや炎症が根治したとは断定できないのです。

常時横向きになったままTV画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履くという習慣は体の均衡を乱れさせる主因になります。

肥満(obesity)の状態はもちろんあくまで食事の栄養バランスや運動不足が素因ですが、量は変わらない食事だったとしても、せっかちに食べ終わる早食いを日常化することで肥満(obesity)の状態を招く可能性が高まります。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手先や足先が何も感じなくなったり下肢の著しい浮腫などがよく見られ、症状が進んでしまうと、悲しいかな、心不全も招く可能性があるようです。

2005(平成17)年以後新しくトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の言葉の表記が食品メーカーの義務となっている。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、過度のダイエットではこれらに代表される活動をキープするために絶対必要な栄養素までもを減少させてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です