早食いも肥満の原因の一種です

肥満というのは勿論栄養バランスや食生活の質、運動不足が因子になっていますが、ボリュームの変わらない食事であったとしても、短時間で終了する「早食い」を日常化することで体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く恐れがあります。

心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まって、血流が止まり、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞そのものが壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。

春と秋に患者が増える花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの大量に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などの辛いアレルギー症状を主訴とする病気として広く認識されています。

「肝機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値によって確認することができますが、ここ数年の間に肝機能が充分ではない日本人が徐々に増えているということが分かっています。

常識で考えると骨折に至らない位のごく僅かな力でも、骨の限られた個所だけに幾度も繰り返して続けて力が加わってしまうことにより、骨折に至ることがあるので油断できません。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持っている解毒酵素そのものの正常な産出を促進しているかもしれないという新たな真実が判明してきたのです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値に関与しているβ細胞が破壊されてしまうことが原因で、あの膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなってしまって発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

ダイエットに勤しむあまりカロリー摂取を抑制する、ほとんど食べない、そうした生活を続けると結果として栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘発する事は、色んな媒体で言われていることなのです。

スギの花粉が飛散する期間に、乳幼児が体温は平熱なのに頻繁にクシャミしたりずっと鼻水が止んでくれない症状なら、残念ながら『スギ花粉症』かもしれないのです。

グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で重くないのに耐久性があって、濡らしても破損しないという特長があり、現在用いられるギプスの人気製品なのは間違いありません。

「常に時間に追われている」「粘着質ないろんなお付き合いが嫌でしょうがない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる原因はみんな異なります。

クシャミ、鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散る量に沿って深刻になるという特性があるということです。

ストレスが溜まっていく構造や、便利なストレス対策など、ストレスに関して全体的な知識を学んでいる人は、まだ少ないようです。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横臥位でじっとしていても使用するエネルギー量のことであり、その大部分を全身の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3つで消費していると言われているようです。

高齢の方や慢性的な病のある方などは、特に肺炎に罹患しやすくなかなか治らないと言われているので、予防する意識や早めの受診が肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です